イギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリアなどの国に証明書を提出する際には、英訳が必要になる場合が多々あります。僕もイギリスのビザを申請する際に、資産証明として銀行の通帳を翻訳する必要がありました。今回トランスゲートという翻訳会社にお世話になったのですが、GWにも関わらず素早い対応をしていただき、しかも格安で行うことができたので紹介します。

f:id:t-intherain:20160719081031p:plain

(http://www.tubefilter.com/2015/11/19/youtube-translation-marketplace-beta-global-audiences/より)

トランスゲートとは

証明書や履歴書などの英訳、和訳を行っている会社です。「安い・きれい・早い」を売りにしているようで、まさにその通りでした。

 

とにかく早い

見積もり依頼をするメールアドレスをご本人の携帯でも確認されているのか、休日にも関わらず対応をしていただけたり、申請したその日のうちに見積もりをしていただけたり、とにかく対応が早かったです。海外での遅い対応に慣らされていた身には涙が出るほど嬉しい…。休日・祝日もほとんど対応可能とのことがHPにも書いてありました。

翻訳原本も追加料金なしで速達にて配送していただけるので、すぐに手元に届きます。日本の郵便が優れているということは、海外に行くととてもよくわかります。笑

ものや時期によるとは思いますが、通帳の翻訳数ページは1週間もかからず、数日でしていただけました。

 

他社に比べて安い

怪しげなサイトと比べるとわかりませんが、他の会社でも見積もりをした結果、一番安かったのがトランスゲートです。見積もり後は追加料金なしとのことで安心。見積もりはもちろん無料です。

僕の場合、3か月間の資産証明を提出するタイミングが2度あり、2回翻訳をする必要があったのですが、2回目は1行追加するだけであったこともあり、翻訳証明書の発行料のみ、翻訳料なしで発行していただけました。

 

クレーム0で安心

もちろん会社側が言っていることなので鵜呑みにすることはできませんが、クレームもないようです。また、

これまで数千件の銀行預金通帳や取引明細書の翻訳を納品してきた実績があります。

http://www.tr-gate.com/cert/tsucho.html

とのことです。個人のブログの紹介では説得力が足りませんが…僕はこの翻訳で英国ビザを無事取得することができました。

 

 

まとめ

翻訳会社、トランスゲートの紹介でした。翻訳会社はたくさんあるので、なかなかどの会社にすればよいのか判断がつかないと思います。この記事が少しでも役に立てば幸いです。

トランスゲートのHPはこちらから。

www.tr-gate.com

 

留学用の書類を準備していると、余裕をもってやらなくてはいけないと分かりつつ、なんだかんだ時間が無くなってしまうものだと思います。焦らなくていいように早め早めの準備を行いましょう。

アポスティーユ認証付き戸籍謄本とその翻訳についてはこちらの記事で。

 

intherain.hatenablog.jp

 

 

来週インド舞踊で、こちらのイベントに出演します〜(≧∇≦)!!

チャリティーイベントなので¥2000ですが色んなダンスも観れる&すご〜い会場なので!!ご興味ありましたら是非観に来てくださ〜い(≧∇≦)!!

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601214850p:image

東京体育館のメインアリーナなのでこんなに広い場所で踊るんです〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601215359p:image

さくらパンダ:「横チンさん、創作手工芸展観に行ってもらえてありがとうございまつぅ〜(≧∇≦)!!さらにブログで紹介も嬉しすぎまつぅ〜!と。。。ランチ、カレーdeパンダを食べて欲しかったまつぅ〜!!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601214417j:image

さくらパンダ:「たくさんのコメント、スター、ラインメッセージ嬉しかったまつぅ〜!!たくさん褒めてもらえて嬉しいまつぅ〜!調子乗りまつぅ〜!!!!!ありがとうまつぅ〜!!!!!!!!うっ?!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601220328j:image

さくらパンダ:「何してまつぅ〜!お礼言ってまつぅ〜!!」

ジェラトーニ:「6月末のコンテストの材料探してるんだよ!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601214429j:image

さくらパンダ:「またコンテスト出しまつぅ〜?皆様これからも応援よろしくまつぅ〜(=゚ω゚)ノ!!いつもありがとうございまつぅ〜!!!!!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170601214438j:image

ポチっと1日1票応援お願いしま〜す!

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

今日はゆっくり英語日誌。

 

英語の勉強をはじめて1ヶ月経ちました!

 振り返ってみると、本当にあっという間でした。

 

Reflection of Autumn
Reflection of Autumn / Lida Rose

 

そして、ブログもまた、1ヶ月間欠かさず更新できました。

それもこれも、読んでくださるみなさんのおかげです。

とても励みになっています。いつもありがとうございますm(__)m

 

 

ところで、先日は、フィリピン語学留学をしている方の動画を観ました。

一日に10時間以上も勉強しているそうですよ。

毎日、外国人の先生が話す英語のシャワーを浴びていたら、想像するだけで話せるようになっちゃう気がします。

僕は、この動画を観て、まだまだ勉強が足りないなと元気が出てきました。「最近ちょっとモチベーションが落ち気味だなあ」という人はぜひ観てみてください。きっと、やる気が出ますよ!

 

 

カメ男

英単語帳『毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする』の1周目が終わりました。現在は、「エビングハウス忘却曲線」を参考にした記憶術で2~6周目をやっています。 

 

6周目の項目は16日前に勉強したものですが、忘れている単語も増えてきました。覚えている単語についても、「使える」ようになったかというとまったくダメです。さらに、6周程度こなしてみます。

 

【英文法】『中学英語学習事典』通読

【瞬間英作文&リピーティング】『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』

【発音】『英語耳』、『英語の発音がよくなる本』『英語のリスニングは発音力で決まる!UDA式30音練習帳』

【基本単語】『ネイティブはこう使う!マンガでわかる動詞』通読

 

ウサ子

『DUO 3.0』だけを勉強しているウサ子も、2周目のユニット23(約半分)までたどりつきました。

しかし、カメ男が順調に勉強時間を延ばしている一方で伸び悩んでいます。パートの同僚が仕事を辞めたことで残業が増えているのがその理由です。

また、『DUO 3.0』だけやればいいというと楽な気がしますが、教材がひとつだけだと単調でモチベーションがあがらないみたいです。

 

新しい教材を次々に仕入れて学習計画を立て直しているカメ男と、いつも「眠くてたまらない」と言っているウサ子。

少し変化が出てきました。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

  

 兵庫県と神戸市は、2016年の主要国首脳会合(伊勢志摩サミット)に伴って日本で開催する閣僚会合について、神戸市で開催するよう外務省に文書で要請した。井戸敏三兵庫県知事が22日の定例記者会見で明らかにした。
 安倍晋三首相は5日に首脳会合の開催地を伊勢志摩に決めたと発表。井戸氏によると「その直後」に外務省経済局長宛ての文書を作成したという。首脳会合の開催地には選ばれなかったが、神戸市は財務、経済、環境などの分野の閣僚会合開催地として正式に立候補した形だ。
 井戸氏は「(外相会合の候補地に立候補している)京都市とがっちゃんこ(競合)するわけにいかないので、外相会合は(候補から)外した」とも説明した。

 神戸ルミナリエ組織委員会は9日、12月4日に開幕した神戸ルミナリエの来場者数が8日までの5日間で162万8000人だったと発表した。昨年の開幕から5日間(12月4〜8日、135万5000人)に比べ27万3000人増加と、好調な出足になった。開幕から5日間の比較では、2007年12月6〜10日に記録した165万1000人以来8年ぶりの高水準だ。

 兵庫県の井戸敏三知事は同日の定例記者会見で好調な人出について「消費意欲が高まってきたことの表れではないか」と分析した。さらに「会期が短くなったことによって、『早く見に行こう』となる期間短縮効果もあるかもしれない」と付け加えた。

 今年の神戸ルミナリエは13日まで10日間の開催を予定する。06年までは14日間、昨年までは12日間の会期で開かれたが、費用削減を目的に今年はさらに2日短縮した。

学び方や教え方といったことにも興味がある私は、書店で教育系の棚を眺めに行くことがある。しかしこの分野の知識体系はほとんど持ち合わせていないため、ランダムに本を手にとってパラパラとめくったりしながら、その時の気分で何かが目に留まるのにまかせる。ある時ふと『インストラクショナルデザインの理論とモデル』という書名が目にとまり、購入した。

分野的に私には知識ベースが足りないのと、本が各論ではなく全体像を示すことが目的(と私は解釈した)なこともあり、詳細を議論できるほどに読み込めていないが、流し読みして気になった点をメモとして残しておく。

インストラクショナルデザインの理論とモデル: 共通知識基盤の構築に向けて

インストラクショナルデザインの理論とモデル: 共通知識基盤の構築に向けて

  • 作者: チャールス・M.ライゲルース,アリソン・A.カー=シェルマン,Charles M. Reigeluth,Alison A. Carr‐Chellman,鈴木克明,林雄介
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2016/02/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

この本では、現在でもさまざまな研究が続けられている「教授理論(instructional theory)」をとりまく、最新の状況が体系的にまとめ上げられている。

 

私がとりわけ興味を抱いたのは、14章「教授理論のアーキテクチャ」あたりの内容だ。教授理論というのは複数の理論群の総称で、実体としては独自に発展した個別の理論、および理論とは呼ばないが経験的に実施されているものも含めていくつもある。 それらの特性を評価するための道具としていくつかの提案があるのだが、以下の2つが気になった。

  • 設計理論とドメイン理論との区別
  • 教授理論の設計レイヤー

設計理論とドメイン理論との区別

上に書いたように、教授理論としてはさまざまなものがある。それら個別の理論は、技術や能力をよりよく教えるという大きなゴールを共有している。そうであるなら、個別の理論の何らかの側面に着目することで、1つの世界観のもとで語ることができるのではないだろうか。

この本では、個別の教授理論と、教授理論の設計問題を議論するためのフレームワークとしてのID(Instructional Design)理論とが区別されており、後者を設計理論と呼んでいる。これに対して前者の個別の教授理論は、ドメイン理論と分類している。

理論群に対してこのような区別を提示することは、とても重要だと思う。これによって、個別のドメイン理論の設計的な特性を論じることができるようになるし、次に述べるレイヤーのようにより整理された視点・概念を個別のドメイン理論の設計に持ち込んで進化させていくことにも役立つはずだからだ。

なお、設計理論の必要性について、この本ではハーバート サイモンの人工物の設計科学の議論を引いて、次のように説明されている。

サイモンは、特定の適用にかかわらない、独立した一般的な「人工物の設計科学(design science of the artificial)」の設立についての議論を投げかけた。彼は設計理論家に対し、「設計の科学、つまり知的に堅強で、分析的であり、部分的に定型化可能で、さらに部分的に経験主義的な、教授可能な設計プロセスに関する理論の体系を発見すること」を要求している。

人工物の設計、とても深遠なテーマだと思う。

教授理論の設計レイヤー

私はソフトウェアエンジニアなので、レイヤーという言葉にはとても馴染みがある。それが教授理論の設計という分野でも使われていることに素直に驚いた。しかし、レイヤー概念はソフトウェアの問題に固有であるはずはなく、設計活動のあるところなら必然的に適用しうるだろう。この本ではギボンズの記述として以下の6つの教授理論のための設計レイヤーが紹介されている。

  • コンテンツレイヤー(content layer)
  • 方略レイヤー(strategy layer)
  • メッセージレイヤー(message layer)
  • 管理レイヤー(control layer)
  • 表現レイヤー(representation layer)
  • メディア論理レイヤー(media-logic layer)
  • データ管理レイヤー(data management layer)

このレイヤーを用いることで、個別の教授ドメイン理論が持つ特徴をレイヤーごとに調べ、比較することができる。さらに、教授を設計する場合にも、レイヤーごとに問題を分割して検討することが可能になると思われる。

ドメイン理論の設計レイヤーの話の起点として、スチュアート ブランド の建築設計のレイヤーの話が紹介されている。これは、次の6つのレイヤーでまとめられたものだ。

  • 敷地
  • 構造
  • 外装
  • サービス
  • 空間計画
  • 什器等

これを見ると、設計レイヤーとは単に表層的な内部・外部関係から導かれたものではなく、興味関心や役割の違いが反映されたものと見ることができる。つまり、個々のレイヤーがそれぞれ建築設計のサブドメインなのだ。

同じ章でさらに、ブランドの建築設計におけるレイヤー意識の影響として次の6つの要点が紹介されている。

  • 各レイヤーは、異なる進度で成熟し、変化する。しかし、それらは相対的に独立し、他の個別レイヤーに非破壊的な変化を許容する範囲で設計され、接続されうる。
  • レイヤーによる設計は、それゆえに適応性があり、永続する人工物を創出することができる。
  • 「敷地」から「什器等」へのレイヤーの系列は、設計と建築の両方にあてはまる一般的順序である。さらに、それは異なるレイヤーそれぞれの経年速度と関連がある。
  • それぞれのレイヤーには、それぞれに異なるアジェンダや設計ゴール、そして解決し統合すべき問題があり、異なる設計スキルセットが要求されることを示す。
  • 建築の力学―レイヤー間ならびにレイヤー内の変化の速度は、緩やかに変化する構成要素に支配される。速やかに変化する構成要素は、それらに「随伴」する。
  • いくつかのレイヤーを一緒に埋め込むことは一見効率的に見えるが、究極的には、変化がだんだんと破壊的になるにつれて、建築物の寿命を短くする。

この6つの要点のうちの5つめ、緩やかに変化する要素に支配されるという建築の力学が特に気になった。これは、ソフトウェアの設計でいえば、パッケージの安定依存の原則(SDP: Stable Dependencies Principle)安定する方向に依存せよと同じだ。建築では現実世界との相互作用が強いので、より顕著にこのような傾向があるのだろう。

 

機会があれば以下の本を読んでみたい。

システムの科学

システムの科学

  • 作者: ハーバート・A.サイモン,稲葉元吉,吉原英樹
  • 出版社/メーカー: パーソナルメディア
  • 発売日: 1999/06/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 204回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る
 
How Buildings Learn: What Happens After Theyre Built

How Buildings Learn: What Happens After Theyre Built

  • 作者: Stewart Brand
  • 出版社/メーカー: Penguin Books
  • 発売日: 1995/10/01
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

なわとび

2018/03/02

会社帰りにドラックストアに寄ってちょっと買い物してたのですが、ちょっと目についてしまったのでなんとなく買ってしまいました。

f:id:okaji:20141106005749j:image:w400
なわとび。
(値段が105円(税込)だった。自分が小学生の頃(100円(税なし:消費税がそもそもない時代))からほぼ変わってないとか凄い。)

小学生の頃、太っていて運動は苦手だったのですが、なわとびだけは得意でして、あやとび、交差跳び、二重跳び、二重あや跳び(ハヤブサってやつ)辺りは普通に熟せる小学生でした。

で、なわとびってずっと飛び跳ねるから結構な運動量だよなぁと、ネットでちょっと調べたら

な記事を見つけたので読んでみたらやっぱりその通りかぁと思いまして、じゃやってみるかとなりました。

しかし、歳を重ねると昔出来た運動も出来なくなるのが世の常。

野球のキャッチボールを10年振りにやったらコントロールがダメダメで、20年振りにスキーをすれば出来てたはずのボーゲンすら出来ず転びまくりな経験を持つ自分です。

なわとびも同じように跳べないのかしらと帰宅後ちょっとやってみたら普通に二重跳びは出来ました。素晴らしい。

ただ、なわとびを良くやっていたのは今から24,5年前。
今とは体力が違います。

ちょっと跳んだだけで「あっ、これめっちゃキツイやつや」っていうのが分かるんですよ。

二重跳び20回とかいやいや辛いからってレベルです。
小学生の頃、普通に回数跳べてたのがもう無理とか。やっぱり歳には勝てないなぁとしみじみ思う始末でした。

そんな訳で、今日のところは二重跳びをちょっとだけやって終わらせることにして、ハヤブサやらなんやらは又の機会に。

つうか、おっさんが外でなわとびとかやってたら、「36歳男性が公園で黙々と縄跳びを行う事案が発生」とかならないかが心配ですけど。

では。

加藤シゲアキさん、お誕生日おめでとうございます!!!!!

 

私は12歳のときにシゲを応援し始めて現在18歳、シゲは24歳からとうとう30歳に…やっとシゲの年齢が顔に追いついた

中1のときは友達にシゲの話をしても「シゲって誰?」って言われてたのに今では「昨日の歌番組のシゲめっちゃかっこよかった!」って言われるまでになりましたよ、これもシゲが着実にメディア露出を増やしていった賜物ですね☆

こうやってNEWS、そしてシゲの頑張る姿が少しでも多く見られることが私の幸せです。

眩しくて直視できないほど美しい顔も、年々上手くなっていく歌も、最近より顕著になってきたいじられキャラも、報道番組での場に応じたコメント力も、一生懸命書いたのが伝わってくる小説も、全てが大好きです。

 

ちょっと短いけど、シゲのこれからに幸あれ…!!

受験生だからグリーンマイルに行けないのがつらい

キーボード

2018/03/02

hhk.jpg

上の写真は、私が愛用しているキーボード、PFU HHK。

最近、この HHK に新色が登場した。

その名も「墨」。

hhksumi.jpg

「墨」という名の通り、真っ黒ではなく微妙な色合いで木炭でできているかのように見える。

キートップも含め、見える範囲に文字はない。

※ 無刻印モデルの場合

HHK 好き、且つ、一人暮らしの頃一時炭火で自炊していた程木炭好きの私としては、とても欲しい。

出来ればペアプロのときも、これを持参したい。

いずれ誘惑に負けて買ってしまうかも知れない。

さて、ペアプロのときに持参したいキーボードと言えば、もう一つ次のもの。

datahand.jpg

DataHand キーボード。実売価格 ¥108,000!

一家に一台、どないだ。

ついでに以下で、他にもペアプロ向き (嘘) のキーボードを色々とあげてみよう。

kbd01.jpg kbd02.jpg
kbd03.jpg

kbd04.jpg
kbd05.jpg kbd06.jpg
kbd07.jpg

kbd08.jpg

kbd09.jpg kbd10.jpg

kbd11.jpg kbd12.jpg
kbd13.jpg kbd14.jpg
kbd15.jpg

kbd16.jpg

kbd17.jpg kbd18.jpg
kbd19.jpg kbd20.jpg